FC2ブログ
主に影月(FTM)がその彼女、水琴へ送る煩悩日記。 セクに偏見のない方は俺達の生活を覗いてみて下さい!
久しぶりの情事
2006-04-13 Thu 23:59
終電で水琴宅にお邪魔すると、風呂あがりのネグリジェ姿の水琴が…
一気に血圧上昇(笑)
かいがいしく、お風呂の準備をしてくれて、コーヒーを入れてる姿に激しく萌~~~
まさに新婚妻が夫の帰宅を迎える感じ…しかも風呂あがりのやや濡れた髪に、ノーブラの
ゆるやかな体のライン…ついキッチンで背後から揉み揉み…微妙に水琴に叱られて断念。
コーヒーをのんでると、風呂ができたようなんで、誘ったがやんわりと断られたんで、一人で
のんびりつかって出てくると、リビングで眠りかけている水琴…あまりのかわいさに起こしつつ
キスをして水琴の部屋へとあがる。一時間は寝る準備などのため自由時間となり、お触り禁止
なようなんで、髪を整えたあと身仕度する水琴を観賞しながら適当にすごす。
で、そろそろ寝る時間になったようなんで、電気を消して水琴とベッドへ…
こうなれば、俺のやるべきことは決まっている。水琴を押し倒し、強引にキスしながら胸を揉む。
最初はびっくりした表情だった水琴の表情が、舌先で転がすたびに快楽に変わるのを堪能しながら
ゆっくりとポイントをずらしながら愛していく。だんだん水琴がもじもじし始めて、しきりに
瞳で何かを訴えはじめるが気付かないふり…そのまま敏感な水琴をいたぶりつづけると、
「いじわる」とついに言葉でやんわりと訴えはじめる。ふふふ…これでは許せません(悪魔)
すでに理解してるものの「何が?気持ち良くしてるのに、意地悪なんていうのはどうしてかな?」
なんていってみると、余計に反応がでるあたり水琴はやはりかわいい。
「どうかした?どうしたいのかな?」
「そろそろだめ~」
「何が?きちんと言わないとわからないな。」
ってな具合でしっかりと要望スレスレの際どいラインに指を滑らせる。
…結果、今宵も俺の勝ち。言わせたいだけ言わせて、水琴の限界まで何度も飛ばしてあげました。
俺的には、まだまだしたかったんだが、水琴に体力的にストップかけられたので、その後は
手悪戯で我慢。爆睡している水琴を腕枕しつつ、片手で遊んで口付けて、眠らず朝を迎えた。なんかもったいなくて眠れなかった。寝顔がかわいくて、ずっと蹴飛ばす布団をかけたりしてた。途中寝呆けた水琴から、うれしい爆弾発言をきいたり、蹴り落とされたりしたがよい一日だった。
スポンサーサイト



別窓 | 水琴へ捧ぐ日記 | コメント:0 | トラックバック:0
|   朔 ~我が儘姫とオレ様の恋~ | NEXT