FC2ブログ
主に影月(FTM)がその彼女、水琴へ送る煩悩日記。 セクに偏見のない方は俺達の生活を覗いてみて下さい!
酔い姫
2006-08-31 Thu 05:13
普段とても酒が弱い水琴をつれて酒をそう頻繁に飲みに行くことも
ないのだが、個室になっているお店を水琴が気に入り、食事がてらに
飲み屋へ…水琴は飲めないくせに飲み屋が好きなので、俺は具合が
悪くならないように烏龍茶を頼んだり、「飲み過ぎだ」と叱ったり
大変なのだが、「影月様がいるときちんと送り届けてくれるから安心」
となんだかんだでいつも以上に飲んだ水琴は完全に出来上がっていた。
少し止めるのが遅かったなと思っていると、濡れた瞳で「影月様、
からだ暑い…」なんていって胸元をパタパタしているので、「こら、
飲み過ぎだ」と軽く水琴を足でつっつく。すると、「ゾクッとする」
なんていって俺をみる水琴。完全に酒に酔ってあらぬスイッチが
入っている状態に、焦る俺。明日は棚卸しで、早く寝ないとつぶれる。
が、かの状態の水琴を黙殺できるのか?自問自答しながら、頭を必死に
クールダウンさせる俺。一方、水琴は、俺の目に欲望をみてとり、
わざと挑発的な状態に…参った。酒が入ってる女性をなんとかする
のはよくない。が、明らかに普段さほど積極的にスイッチが入って
いると示さない水琴からの掲示。ここは隔離された空間。なんて
よからぬ想いを酒と共に飲み干して、まずは追加注文で店の人間を
よび、ソフトドリンクで水琴をクールダウンさせる。もう少し冷静な
判断が出来たうえでの誘いなら受けよう。今はダメだ。勢いはよくない。
辛うじて理性が働き、態勢を持ちなおす俺。本人は知らず知らず
だろうが生殺しだ。結局、水琴をあまり遅くならずに帰し、ひとり
水琴の幻影に惑わされ、眠れないまま棚卸しの激務に向かうことに…
とことん水琴に対して配慮してしまう自分の甘さに苦笑い。
次回は烏龍茶を早々に出そう。やや反省。
スポンサーサイト



別窓 | 水琴へ捧ぐ日記 | コメント:0 | トラックバック:0
|   朔 ~我が儘姫とオレ様の恋~ | NEXT