FC2ブログ
主に影月(FTM)がその彼女、水琴へ送る煩悩日記。 セクに偏見のない方は俺達の生活を覗いてみて下さい!
ゆとりが欲しい
2009-02-02 Mon 23:53
武臣やゆうすけに色々相談して素直に甘えているのに、水琴は俺の前では泣くか喚くか怒るかだし、あんまりこちらから仕掛けないと悩みを打ち明けてくれない。
それに凄い嫉妬してしまって、何故いつも俺に言わずに他にいうと水琴に強くいってしまった。
頼りがいがないのは自分の責任なのになぁ。
年上の2人ですから、やんわりと相談内容を俺に教えてくれたりして、しっかり俺をたててくれてるし、水琴の状況を把握できていないわけではないけど、2人が俺が知らない水琴の話を語る姿に凹むし、嫉妬してしまうし、感謝してるしで時折何故か無性に無力感に苛まれる。
水琴には2人と俺の違いは「ゆとり」だとハッキリ言われてる。
水琴のワガママを優しく抱き留めるゆとりが俺にはなく、いつも何かに振り回されてるように見えるとか…
そして振り回されてる状況の時に水琴の居場所がないかのように見えているらしい。
その点、2人はいつも穏やかな笑顔で「どうしたんですか?」と微笑んでくれるらしくて、水琴は安らぐらしい。
自分ではいつも水琴の席は用意してるつもりだった。
どんな状況下でも話を聞いているはずだった。水琴に心配かけないように細心の注意をはらって強くあったはずだった。
全ての優先順位は彼女であった。
だが…気づかぬうちに水琴を孤独にさせ傷つけていた。
仕事と家庭と水琴と自分。バランスをとることにつとめていたはずだが、どれも思い通りに扱えず、一番大事な人を遠ざけていたとは情けなくて気持ちのやりばがない。
「影月様は好き。だけど…」
最近はかならず逆接で言葉を切る水琴。
その言葉の続きは?
頼れないなのか。
愛じゃないというのか。もっと素敵な人がいるなのか。
もしもの悲劇的な言葉を思い浮かべては苦しさに押しつぶされてしまいそうになる。
確かにゆとりないな俺。むきになりすぎてる。大人気ない。
わかってる。
でも…誰にも貴女のことで負けたくない。
スポンサーサイト



別窓 | 水琴へ捧ぐ日記 | コメント:2 | トラックバック:0
|   朔 ~我が儘姫とオレ様の恋~ |