FC2ブログ
主に影月(FTM)がその彼女、水琴へ送る煩悩日記。 セクに偏見のない方は俺達の生活を覗いてみて下さい!
久しぶりに家族で食べ放題
2012-04-30 Mon 23:30
叔父が帰ることになったので、久しぶりにみんなで食事に行くことにしました。
好き嫌いが激しいものがおおいので、ブッフェ形式の食べ放題に決定。
焼肉も寿司も中華もいろいろ。
好きに食べながら、叔父の生活についてはなしたりして、改めて自然災害の怖さを知る。
一瞬にしてなにもかも失うって誰が考えていただろうか?
無口な叔父が「楽しい」となんども連呼していて、本当に笑顔でいろいろ話をしていて、狭い我が家であるけれど、来れたことを本当に喜んでいて、幸せをかみしめてもらって、なんかよかったなぁとおもう。
読書家で勉強家であった祖父にそっくりで、叔父もまた書籍が大好き。大事にしていた書籍は震災で全部なくなってしまたが、無職になってしまって、もてあます時間をいまは図書館に通って使っているらしい。
図書館ならお手洗いもあるし、お金がかからないから閉館までゆっくりできるし、家でごろごろ寝てるよりは人間らしく生きられるだろうと…。
60近くで再就職はたぶん見つかりそうもないとか、少し語りつつも、働いてるときに使えなかった時間を
もってるから勉強するぞと明るく笑えるようになったのはよかった。
震災直後の凍りついた目で閉じこもってしまった叔父とはもはや別人。
人はもろいけど、強いものでもあるんだなと思う。
今度我が社で何か買って送ろうと思う。
ちょっと難解なものがいいかな。それとも叔父が大事にしていたものと同じにしようか。簡単に読み通せるものがいいかな?
久しぶりにに家族であの本はあーだったこーだったと書評をしあう。
なんだ、みんな何気に読んでたんじゃないか。
帰りに叔父がまだ読んでいない俺が読み終わった芥川賞、直木賞、本屋大賞のものを何冊か手渡して、駅で叔父とわかれる。
どうかこれからは大きな不幸がなく、幸せに余生をおくれますように。

スポンサーサイト



別窓 | 日常の記録 | コメント:0 | トラックバック:0
|   朔 ~我が儘姫とオレ様の恋~ | NEXT