FC2ブログ
主に影月(FTM)がその彼女、水琴へ送る煩悩日記。 セクに偏見のない方は俺達の生活を覗いてみて下さい!
二月堂
2010-08-24 Tue 13:00
微妙な傾斜をのぼり、つくまででバテバテな俺たち。二月堂について愕然。
ひぇぇ~階段だぁ。
だよなぁ高台にある舞台にのぼるつもりで訪れたんたがら…
水琴は気合いだぁぁ!と一気にかけ上がっていく。
バテバテな俺はヨレヨレな歩みで追いかける。
のぼりきったら滝のような汗が噴き出す。
影月「あ…暑い…し…死ぬ」
手水場で、水琴が自分の首に巻いてた手縫いを外して、水に塗らすといきなり、俺の身体をふいてくれた。影月「ふぅ。つめたくて気持ちいい!」
水琴「手縫いは便利なのよ」
濡れた手縫いで髪もワシャワシャして貰って、満足そうな顔をしていたのか水琴に笑われた。
水琴も自分の汗をぬぐって、さっぱりしたら、2人で持ってた水筒をわけあって水分、補給。
そのあと、舞台にたち、存分に風を浴びる。
水&影「風が気持ちいい!」
そして、二月堂付近の龍美堂というお休み処で冷やし氷?かき氷?を注文。
本当はわらびもちとか粥をたべるつもりが完全に暑さばて。
くちどけのよい氷を夢中で頬張りながら身体を休める。
インドア派な自分たちにしては結構必死に歩いたなぁ。
続いては三月堂なのだが、外観みて手前の階段を下る。
本当は三月堂で、16体の仏像をみて、若草山をとおって春日大社にいく予定だったけど、互いにもはや太陽に全面降伏宣言!
頭がふらふらする。暗闇が恋しい。
大仏殿まえの通りに戻り、鹿と戯れることにしました。
別窓 | 水琴へ捧ぐ日記 | コメント:0 | トラックバック:0
<<鹿恐るべし! |   朔 ~我が儘姫とオレ様の恋~ | 正倉院>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


|   朔 ~我が儘姫とオレ様の恋~ |