FC2ブログ
主に影月(FTM)がその彼女、水琴へ送る煩悩日記。 セクに偏見のない方は俺達の生活を覗いてみて下さい!
ディズニーにて
2011-01-29 Sat 14:43
久しぶりに水琴とデートらしいデートです。
たいていは出かける前に寝坊な水琴を叩き起こし、そのままイチャイチャしてから出発というパターンなんだけど、今日は土曜日で家族がご在宅なんで、駅で待ち合わせ。
しかも珍しく俺の最寄り駅まで水琴がくる。
たまにはそっちが来いといってみるものです。
しばらく、駅のベンチで電車を見送りながらまっていると、何分の最後尾に乗ってるとメール。
それからちょっとして水琴の姿が…
「具合でも悪かったのか?」
「う~うん、化粧(笑)」
悪気なく無邪気に笑う水琴。
まぁ水琴にしては早かったし…ため息ついて小言をこぼしながらも水琴の休日のお洒落具合に口角があがる。
いかん、いかん、何をニヤニヤしてるんだ。
「可愛いって思ったんでしょ?可愛いくて仕方ないって顔してる」
「う…うるさい。そういうことは口にするな」
視線を避ける俺を満足そうにジロジロ水琴が眺めて、ふいに「影月様、痩せた?」とぽつり。
「い…今頃?クリスマスにプリクラとって気がついてるかと思ったよ。」
「ムカつく。ダイエットに失敗した私がいるというのに…」
「は?別にダイエットしてないし、仕事がそんだけハードだったんだよ。それに、痩せても標準よりまだ豚だ。」
「まぁね」
「む…」
乙女心は複雑で、何かと俺よりモテたいだの、痩せたいだの、格好よいのは自分の方だとか比較しては水琴は勝ちたがる。
確認しなくてもあなたの方が可愛いし、痩せてる。
コンプレックスの塊ゆえに鏡を直視できない俺をわざわざ比較にださなくてもいいだろうに…
あんまりジロジロ見られると緊張で腹痛くなりそう。
苦手だからやめなさい。
こっちの思考なんてお構い無し、ただ単にからかうのに飽きたお姫様は自画自賛に酔いはじめる。
「はい、はい。自分でいわなきゃもっと可愛いいんだけどな。」
いくぶん、落ち着きを取り戻して俺が笑う。
「努力してるもん。」
「ま…そうだな」
始終水琴のペースにのせられたまま舞浜到着。
水琴は大げさなくらいにはしゃぎ回る。
後ろから抱きしめたくなる衝動を自制。
「はしゃぐと転ぶぞ」
「はしゃぐ私がみれるランドは楽しい?年パスかう?」
「またそれか、年パスは買わない。ただ、買わなくても来るよランド。」
「これが最後じゃないよね?」
「約束する」
あ…年パスがさらに値上がりになることを受けて、毎年2パークだったんだけど、今年からシーの単パスにすることにしました。
経済的に、ただでさえ2パスはちょっと無理してたんだけど、昨年は仕事が忙しくてあんまりいけなかったし、グッズもちょこちょこ値上がりしてるし、行けば行ったでお金使ってしまうし、水琴のお願いでも今回ばかりは買わないと決意。
行きたい時にファンダフルで入るからいいや。
その方が1日を大事にディズニーで過ごせそう。
今までみたいに、ただプラプラ空気だけ味わうってのも悪くないんだけどね。
正社員じゃない俺には贅沢すぎるんだな。
維持するのが水琴には悪いけどかなりキツい。
俺が多趣味すぎるせいも大いにあるんだけどね。
旅行好きな水琴にできるだけ付き合いたいし…(1人旅に出られると胃潰瘍になるくらい胃が痛いし…)
いろんなところに2人でいきたい。
ディズニー以外の知らないところにもね。
やってみたいことは山ほどあるけど、お金は残念ながら塵の如し。
我慢、我慢…
早く正社員にならないとな。我慢させてばかりでごめん。
「あれも食べる。あれも乗るよ」
水琴が素直に甘えてくるのが心地いい。たとえ、セールスの戦略でもいいや。
「じゃあ、俺はこれ食べてみたい」
お返しに我が儘返し(笑)
手をつないで歩いて、ご飯を一緒食べて、つまみ食いしあったり、アトラクションで騒いで本当に楽しかった。
ディズニーマジック?
あちこち、閑散期で工事していてあれは萎える。昔はこんなんじゃなかっのになぁ。なんて好き放題いっていながら、ちゃっかり楽しんでしまってます。
いつになっても眠るお子さまが完全に全面にでちゃった感じ(笑)
お気に入りのアトラクションにも乗れたし、満足。
別窓 | 水琴へ捧ぐ日記 | コメント:0 | トラックバック:0
<<ららぽーと |   朔 ~我が儘姫とオレ様の恋~ | 乾燥肌は大変だ>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


|   朔 ~我が儘姫とオレ様の恋~ |