FC2ブログ
主に影月(FTM)がその彼女、水琴へ送る煩悩日記。 セクに偏見のない方は俺達の生活を覗いてみて下さい!
好きなんだけど、なんかムカつくのはなんだろ
2011-01-30 Sun 23:25
なんとなく、昨日の水琴の焼き鳥屋での発言がモヤモヤして、ゆうすけさんに朝一にメールで愚痴ったら、夜に電話がかかってきた。
「ずいぶんと難しい方向に考えたものだな」
電話をとってすぐにゆうすけさんの忍び笑いが聞こえる。
俺がなんかウダウダしはじめると何故かいきいきするゆうすけさん。
「からかいに電話してきたなら切る。残業で疲れてるんだ」
今はあなたのからかいに付き合っている体力も気力もないんですが…
「ずいぶんだな。人が忙しい時間をさいてタダでカウンセリングしてやろうといってるのに…」
「頼んだわけじゃないし、別にもういい。」
「今日の月は?」
「は?なんで?」
「いいから、何だ?」
「ベランダにでないとわからない。」
「そう。」
「何が?」
ふいに、「○km先○○交差点、右折です。」という音声案内が聞こえる。
今のってナビの声?
「○○交差点!?」
「今車で迎えにいく…連れ出してやるから外にいろ」
そのまま何故かゆうすけさんに車で連れ回され、ファミレスでいちごのスイーツをごちそうになる。
なんだかんだてはぐらかされながら売り言葉に買い言葉状態でいつの間にか色々語る。
本題に対して答えははっきり貰えないまま会話終了。
が、家についてなんかスッキリ…
全然関係ない話をしてたはずなんだが…これがプロのカウンセリング技術?
1日を反芻してみて、発言が失礼すぎた気がして謝ろうと思うものの、なんかゆうすけさんのほら見ろという勝ち誇った顔が浮かんでメールの言葉が打ち込めない。
とりあえず「いちごうまかった。ごちそうさま」とだけメール。
「ファミレスで満足とは、謙虚なことだ」と返ってくる。
この人はどうしてこういう言い方しかできないんだろうか。
まったく…
「らしくない我慢をするからたまるんだ。影月は言い過ぎくらいがちょうどいい。考えて発言する慎重さは評価するが、真意を濁すと無駄なメッセージになりうることを知れ」
ふとファミレスでの彼の発言が思い出される。
真意を濁すと無駄なメッセージか…
「あ…もしもし…さっきはありがとう。」
「ん?珍しいな。明日は雪か?」
「うっ…それだけ伝えておこうと思っただけだ。」
「影月、おやすみなさい。」ふいに茶化している時とは違う低い真面目なゆうすけさんの声。
「え?あ…おやすみなさい」
ペースにのまれたまま短い電話終了。
なんだろう、この敗北感。滅茶苦茶悔しいぞ。
とりあえず、ふて寝しよう。
別窓 | 日常の記録 | コメント:0 | トラックバック:0
<<だめ男ですか… |   朔 ~我が儘姫とオレ様の恋~ | 食べ放題>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


|   朔 ~我が儘姫とオレ様の恋~ |