FC2ブログ
主に影月(FTM)がその彼女、水琴へ送る煩悩日記。 セクに偏見のない方は俺達の生活を覗いてみて下さい!
雨か、やっぱり
2011-05-27 Fri 23:20
mixiで知り合ったセクマイさんとその友人たちとで、都内の某公園でレジャーシートひいて飲み会予定だったけど、雨天中止となりました。
水琴は酒が弱いし、俺も禁酒で最近酒を入れてない身体なんで、飲んだらさすがに酔うかなぁという不安もあり、飲み会あとホテルにお泊まりできるようにホテルを予約しておいたという準備万端ぷり(笑)
久しぶりに会う人とは終電を気にせずに飲みたいという気持ちもあって、公園にそう遠くないお台場のホテルを押さえていたんだが、飲み会がないとなると、雨の中、近距離に泊まりにいくのってどうなんよ?という話にもなったが、キャンセルめんどくさいし、愛犬パルの状態も安定したということで、せっかくなんで水琴とお台場お泊まりデート決行。
俺は休みだし、水琴は半休とってたし、楽しまないとね?
というわけで水琴に言われた時間に駅に迎えにいこうとしていると、なにやら仕事がおしているらしく、待ち合わせ時間変更。
半休の意味ないだろうがとおもいながら仕方なく、再度再設定時間に自宅出発。
今度は仕事に使う家電が今日まで特売だから乗り換えついでに買ってから帰っていい?と連絡。
仕事のためなら仕方ないが、俺はもう家でちゃったぞ。
案の定、水琴まち。
駅のホームのベンチで缶コーヒー飲みながら待つことになった。
しばらくして反対側のホームについた電車から降りてきた人の中に、急いで自宅に帰る水琴の姿が見える。
いったん、その姿をホームごしに見送り、ふたたび自宅でシャワーなりなんなり済ませてくる水琴待ち。
結果、待ち合わせ時間はいつだった?という合流時間に。
「ところで仕事に使う家電って何?カメラ?」
「いや…仕事には使わない」
「へ?さっき仕事に使うって…あ、仕事っていったら俺が許すと思って嘘ついたな?」
「ごめんなさい。実はプレステが…戦国BASARAがやりたかったんや!!」
「俺を待たせたツケは今夜たっぷり払って貰うからな
「やぁん、エロい。」
「だいたい俺なら許すって思うから計画的に動けないんだろうが!」

なんだかんだで、お台場につくころにはとっぷり日が暮れて夕御飯の時間になってしまって、お気に入りの寿司屋へ直行。
夜は食べ放題プランがあるんだけど、かなり美味しい。
柚子酒も調子にのって飲みながらお腹いっぱいになるまで堪能。
その後、雨がややあがって曇ったデッキをなんとなくふらふら。
「晴れてたら綺麗な夜景だったのにな。」
「寿司うまっ!影月様は忙しいから今度○○とくるかな。あ…仕事場の同僚でね…」
デート感を出したい俺と、寿司のうまかった話や仕事の話ばかりする彼女。
結果、今回もトキメキデートは失敗(笑)
しかもなんか同僚の男の名前がデート中になんども出てくることに微妙に不機嫌になってきた。
行きの電車でもそうだったし、最近の電話にはかならずそいつの名前聞くし、うまいものも楽しいこともそいつに教えてあげたいのか?
また来る相手は俺じゃないのか、まぁ忙しいのは事実だけどね。
頻繁にでかける相手が男で2人きりって俺が気にしないはずないのになぁ。
いくら水琴側に浮気心ないにせよ、話をきくたびにあまりに彼女が無防備すぎて俺は心配だ。
彼女もちだろうが、浮気しない根拠にはなりえない。水琴にその気がなくても相手が勘違いしそうな行動や言動が気になって仕方ない。
独占欲の火がメラメラ。
「特別に思う相手じゃないなら、会うたびにそいつの名前を口にするな。何かがあるかないかじゃなくて、俺が側にいるのに他の男の話ばかりすることが不快だ」
「なにをムキになってるんですか?」
「もういい。ホテルチェックインの時間だ」
「ちょ影月様なんなんですか?」

本当に時々水琴は悪気なく俺をイラつかせる。
男性が苦手だというわりに、警戒心が薄い。
直接的に言われたらキッパリ断るだろうし、浮気をしたがってるとは思わない。
が、言葉に含むものを察知するのが苦手すぎる。そもそも私は性的に見られないという訳のわからない安心感はなんだ?
「私は影月様みたいに痴漢にあったこともないし、太ってるしあり得ない。心配し過ぎ(笑)」

おい、俺の方が体型はコロコロしてるし、女性らしくないが人の好みなんてわからんぞ。
世の中ぽちゃ好きなんて奴もいて、過食症の全盛期でさえ言い寄る変わり者だっていたんだぞ。
ぷよぷよした手が素敵ってどんな口説き文句だ(笑)
水琴は男の友人も少ないし、そもそも男がなんであるかあんまり知らないからなぁ。男女の距離感がまったくない友人付き合い。
心を許すのはいいが、区別は大人として必要だと思う。
キャラクターとして区別ないのがハッキリ理解されてればいいが、受け取りようによっては許されてるって勘違いするだろうし危ういなぁ。
俺でさえ、男が本気で何かの理由でスイッチ入っちゃって、組み敷かれたら、力の差で思う以上にびくともしないし、本気でマズイと思ったことがあるわけで…
万が一相手が血迷っても逃げ切れるっていう自信は、単なる思い込みだと思うし…
さて、どうやって思いしらせるかな。
今夜はいじめてみるか。
別窓 | 水琴へ捧ぐ日記 | コメント:0 | トラックバック:1
<<愛情表現をたまにはしろと迫ってみた |   朔 ~我が儘姫とオレ様の恋~ | もう大丈夫>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


薬を毎日飲まなくても、カウンセリングに頼らなくても、拒食症や過食症は、自宅で根本から克服できるのです。 …
|   朔 ~我が儘姫とオレ様の恋~ |