FC2ブログ
主に影月(FTM)がその彼女、水琴へ送る煩悩日記。 セクに偏見のない方は俺達の生活を覗いてみて下さい!
怖がりだなぁ。
2011-08-11 Thu 15:45
桃源台について日焼けを気にしていたら、意外と水琴がよい日焼け止めを惜しげもなく俺に塗ってくれた
おかげで皮膚は良好なコンディション。
再度、椅子に座って飲み物を飲んでいたら水琴が丹念に塗りなおしてくれた。
目を閉じてなすがままになってる自分に思わず笑う。
「何、にやにやしてるの?」
「別に…」
水琴に出会ったばかりの俺は人に触られるのが得意ではなかった。警戒心を解くのも苦手で、無意識に緊張しているため、自然に立っているつもりでも肩に力が入ってしまってるらしく、舞台の時や撮影のときはよく怒られた。
背後に人が立つもの嫌いで、よく壁を背にしている癖もある。
なのに、いつもいたずらして人をこまらせる水琴に、何の警戒もせずに目をつぶって投げ出せちゃうのは不思議。
へらへらしている俺がエロ妄想にとんでいるようにみえたのか、水琴から間髪いれすぼそっと、
「変態」
という言葉をもらう。
失礼な。人が新たに発見した水琴の奇蹟(?)をそんな邪心ととられるとは…
ちょこっと落ち込みながらロープウェイに乗ると案の定水琴はビビりまくり。
俺は絶叫系まったくだめだが、観覧車やこういった乗り物は全然平気なんだけど、水琴は絶叫系に乗るのは平気な
癖に観覧車や飛行機とか地面から離れた乗り物が全くダメ。
「ギネスにものってるし、それだけの人をはこんでるんだから安全だ。」
「どんだけ人が大丈夫でも私たちはわからないじゃないか」
「芦ノ湖が美しいよ。木々の青さをみてごらん。こんなに自然を感じることはなかなかないじゃないか」
「外を見るなんて無理…」
腕がちぎれそうなくらいに抱き着かれて困惑。ほかのカップルにすごい見られてますが?
「本当にきれいだね。富士山は見えるかな?ちょっと雲があるか残念…」
「もう、うるさい!!」
「・・・・・・・・・」
「いやだ。なんかしゃべって!!」
どっちなんだか…まったく…
別窓 | 水琴へ捧ぐ日記 | コメント:0 | トラックバック:0
<<大涌谷観光 |   朔 ~我が儘姫とオレ様の恋~ | 海賊船>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


|   朔 ~我が儘姫とオレ様の恋~ |