FC2ブログ
主に影月(FTM)がその彼女、水琴へ送る煩悩日記。 セクに偏見のない方は俺達の生活を覗いてみて下さい!
大涌谷観光
2011-08-11 Thu 18:57
大涌谷に到着。地面についた途端、さっきのビビりはどこ行く風、元気になる水琴。
駅に幸福の鐘というものがあったので
「一緒に鳴らして写真撮ろう」といったら、
「一人で撮れば?」とつれない返事。

いいよ。どうせ俺なんか…ぶつぶつ…

ふてくされて、ぶつぶついいながら写真撮影していたら、結構みんなパネルとか鐘とかカップルで撮影していく。
羨ましそうに眺めていたら、しかたなく横にあったロープウェイの乗車記念パネルで撮影に応じてくれた。
ものすごいご機嫌になって、記念メダルも見つけてキラキラして見つめてみる。
「どこにでもあるのに、記念に残すの大好きだね。買うんでしょ?」とかいいながら、待ってくれる水琴。
刻印もしたいけど、これ以上水琴を待たせるのはどうしようかとおもってコインの購入だだけで我慢しようとしてたら「刻印はわたしがする」と水琴がいいだす。
「え?いいの?」と小銭を入れて水琴のおまかでで刻印。
出来上がりをかざしながらにやにや。
「なくすよ。」
水琴に言われて、カバンのファスナーのついているうちポケットにしまう。
そのまま自然に手をつないで、階段をエスコートしながらおりて、日差しの強さにお互い日傘を装備。
いったん、お土産物屋でソフトクリームと黒たまごのパロディTシャツを購入。
黒たまご専用のロープウェイ見つけてはしゃいで、上まで登ろうということに。
かなりぜーぜーいいながらかながわの景勝50選といわれた景色を望む。
残念ながら、天候に恵まれず富士山はぼんやり。
記念に水琴が黒たまごを買ったのでその場で食べるのかと思ったら、熱いから無理というので、旅館にお持ち帰り。俺は生たまごアレルギーなんで、半熟か完熟かわからないので、あきらめ。
旅先で搬送されたくないしね。
そのままぐるぐると茶屋付近を散策して、写真とってまた下る。
登りよりはしんどくはないけど、結構足に負担かかるな。
仕事で筋肉痛引きずってきたから、ふくらはぎがパンパン。
旅館の温泉が楽しみ。
はしゃきまわっていたら駅につくと駅員さんが最終便のお知らせをしていた。
慌ててロープウェイにのって、登山電車に乗り換え。
スイッチバックの話などを水琴にしようと思ったら、水琴撃沈。
今日はいろいろあったから疲れて当然だな。
だがしかし、胸元は気にして寝なさい。
「水琴!」
時折水琴を起こして姿勢を直させながら強羅でさらに乗り換えて湯本到着。
宿までのバスに乗り換えて無事宿到着。
別窓 | 水琴へ捧ぐ日記 | コメント:0 | トラックバック:0
<<南風荘到着 |   朔 ~我が儘姫とオレ様の恋~ | 怖がりだなぁ。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


|   朔 ~我が儘姫とオレ様の恋~ |