FC2ブログ
主に影月(FTM)がその彼女、水琴へ送る煩悩日記。 セクに偏見のない方は俺達の生活を覗いてみて下さい!
だからいっただろうが!!!
2011-10-26 Wed 21:09
山口から水琴が帰ってきて、話をきいていて怒髪天突く事態。
「あのセクハラ男、東京湾に沈めてやる!!」
激昂する俺をなだめようと水琴が「普段はいいやつで酒のむとだめなだけだから」といえばいったで、そんな風にかばう水琴にイライラ。
泥酔した同僚に襲われかけ、ほかの男性の同僚に助けられて帰ってきた水琴。
聞いた当日は本人のショックもあるだろうと思って、感情押し殺して水琴に優しい言葉をかけてなだめていた俺だが、次の日に何事もなかったように、泥酔してしでかしたことの記憶のないその同僚と、学校で仲睦まじく過ごしてきたという水琴の仕事後の電話に大爆発。
釘くらいさしてもいいんじゃないのか?
記憶があったら、それで対応を変えない女性って男はどうみるとおもってるんだ。
時間がたてばたつほど煮えたぎる感情。
はい、本気で相手を殺してやろうかというくらいの怒り。
無防備すぎる水琴への怒り。
その男とは以前水琴が飲み会中に電話をして会話をしたことがあるんだが、その時に
「とても自分にとって大切な人なので、妙なことは今後しないようにお願いしたい。」と俺は言ったし、相手も謝罪し、気を付けるといったはずなのに…
それからそんなにたたずに、よくも俺の大切な人に手を付けようとしてくれたものだ。
ひさしぶりの大噴火に水琴も事の重大さにきがついたのか、対彼対策をやっと実行。
なんとか怒りを鎮めた事態。
あまりの激昂ぶりにさお様の仲裁がはいるほどの久しぶりの大ゲンカ。
たぶん、次に彼に会った時には一発手が出そうだけど、酔いの席だし、未遂だしね。
水琴も無事だったからね。水琴に免じて命だけはとらないでおこう。
つぎなにかいかがわしいことを彼女にしたら、法に基づいて、人として死んでもらうよ。
俺はまだ君を許したわけじゃないんだからな。
ただ、水琴の立場と、日頃の素面の時の君の人間性を水琴がまだ少なくとも必要としているから、いまはただ、おさめてやる。
やはり、男性を普段そばにおいていない水琴は隙だらけで、どうしたものかな。
FTMの俺がいうのもなんだけど、自分が女性であることを本当に認識できていない。
彼女はただなついているだけなんだけど、相手は誤解するだろう状態だったり…
サトルにも「これは大変だね。独占欲の強い影月が心配するのはよくわかる。」なんていわれる人だからね。
本気でわかっているかな?
俺が何を恐れてなんで怒ったのか?
あなたが傷つくのがとても怖い。
だから、もっと自分を大切にしてください。
よい友達なら、適切な距離をまなんでほしい。
彼ともっと真剣に話しなさい。
警戒心はよくないことだと思っているかもしれないけど、男女の友情においてそのラインをぼかすことなく
きちんと互いが守ることは大事だとおもう。
男女の友情はときとして実に厄介なものに変貌するから。
覚えておきなさい。
別窓 | 水琴へ捧ぐ日記 | コメント:0 | トラックバック:0
<<ららぽーと |   朔 ~我が儘姫とオレ様の恋~ | モダンバレエ>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


|   朔 ~我が儘姫とオレ様の恋~ |