FC2ブログ
主に影月(FTM)がその彼女、水琴へ送る煩悩日記。 セクに偏見のない方は俺達の生活を覗いてみて下さい!
水琴のぬくもり
2012-01-27 Fri 21:21
仕事のことなどで神経質になっていて、自分でうまく力が抜けなくなっていたら、水琴がご飯をおごって
やるからと仕事あがりに俺を連れ出してくれた。
仕事の話一色になるかと思えば、気が付くと現状の報告なんてものの数分で、たわいもない話ばかり。
自然と力がぬける。
緊張していた肩の力がぬけて、足を崩して食べたいものを口に放り込んで、ゆったり。
見栄っ張りな俺が完全に武装解除して、だらけた姿をさらしている。
いつの間にか、水琴の相談を聞いている立場になっていて、自分の悩みも解決してないくせに、あれやこれやと口を挟んでいる。
それに気が付いたらおかしくて妙に笑えた。
淡々と事実を報告して、いったん落ち込んで、対策を勝手に口にして、開き直って、しまいに水琴の悩みについて真面目に説教していたかと思えば、笑いだす。
とんでもない起伏だ。
なのに水琴はそれがあたりまえのように振る舞っている。
鬱になるとか繊細な部分をもっているわりに、こういう時の水琴は動揺しないし、落ち着いている。
「がんばれ」とかそんなことは水琴は口にしない。
何をしろともいわない。
そんなことは俺がわかっていることくらいわかってるし、下手に俺を甘やかしたりもしない。
「大変だったね」とかもいわない。乗り越えるのは俺の問題だと彼女は理解しているから、俺の問題に深く入ったりはしない。俺にとって痛い事実を述べれば「そうだね」と容赦なく相槌を打つ。
でも、すごく小さなことのように話題をぬけて、話したいことを話している彼女をみても腹は立たない。
というよりそんなことをしてるだけで勝手に俺は俺で方向みつけて、完結。
お互いが全然関係ない話をして、勝手にお互いが満足のいくことを導きだしている。
だから「ありがとう」と互いが思いもよらないところで述べて、互いが「何の話だ?」という。
自己完結型カップルだからこそ起こる不思議な会話。
これからの生き方なんかを片方が朗々と語っていても、片方は最新コスメの口コミを話していたりする。
片方が、眠れないほど仕事がたまっていると述べれば、アマデウスは偉大なりの話になる。
もちろん、本人たちにはちゃんと脈絡あるように感じられてるんだけどね。
こう生きたいと俺が語ったから、水琴は若く美しくいつまでも見られたい未来を連想しコスメに神経いったんだろうし、水琴が眠れないというからモーツァルトの曲の快眠効果から飛躍した話になったわけで…
このやりたい放題、話したい放題は水琴としかできない。
よく俺と水琴が会話していると、仲間に「お前らは会話してるのか?お互いに独り言いってるのか?でも、妙なところはつじつまあってて意味わかんない」といわれる。
だけど、俺は会話だと思ってるし、頭が散らかっているときは音にするのが一番。
ひとりごとだとこうもうまくはいかないしな。
やっぱり会話だとおもう。
うまく人には伝えられないんだけど、そんな水琴とのバランスがとても心地いい。
やっぱり彼女を得られたのは俺の最大の幸福だと思う。
別窓 | 水琴へ捧ぐ日記 | コメント:0 | トラックバック:0
<<兄貴久しぶり!! |   朔 ~我が儘姫とオレ様の恋~ | 突然の業務命令>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


|   朔 ~我が儘姫とオレ様の恋~ |