FC2ブログ
主に影月(FTM)がその彼女、水琴へ送る煩悩日記。 セクに偏見のない方は俺達の生活を覗いてみて下さい!
中学生か!!
2012-02-11 Sat 13:30
高徳院を出てすぐの土産物屋さんで木刀とか模造刀が売っていて、中学時代の修学旅行を思い出した。
京都の修学旅行ではなぜかみな刀を買っていて、振り回すのを恐れた教員に宿の前で刀狩りされた。
名前を木刀に書けと教員に詰め寄られ本気で「そんなダせぇことできるか!」とキレた青い時期(笑)
そんなことを回想していると水琴がなぜか大はしゃぎ。
どういう経緯か全くわからないが、妹さんへの土産を刀にするといいはる。
「え?ほら着物生地の小物もあるし、妹さんもこっちの方が…」
俺の主張もまったく聞かずに真剣に模造刀選びがはじまり、完全に俺は放置。
しかたないので、外国人むけのような日本的なものをみながら待つ。
平家物語の絵巻や源氏物語の世界、舞子さんなど雅な小物に手を伸ばせば店員さんにセールストークをされる。美しいが実用的かどうかだな。また水琴がただ眺めるだけのものを買ってというに違いない。
とはいえ、模造刀こそなんの実用だろうか?当分刀に夢中で俺は暇だ。
手持無沙汰なので、「敦盛の最期ですか?素敵ですね」などと店員と会話しながら絵はがきや一筆箋をとおして平家物語や源氏物語の話をして暇つぶし。
たびたび水琴に視線を送るも無視。結局、なにも購入しないには申し訳ないほど会話に付き合っていただいたので、しおりやマグネットなどを購入。
ものすごく人見知りな俺のぼそぼそしゃべる日本語がよほど拙く聞こえたか、「日本的で美しい」といった表現がいけなかったのかたぶんアジア系外国人として扱われた。
しばらくして、水琴が会計をすませたのをみて近くに合流。
店頭では中学生か高校生くらいが木刀をもって勝手に記念撮影してる。
ふふふ…現代の子供もやること一緒だ。
店員さんは勝手に商品を振り回されてひやひやしてるようだけどね。
遊んだらちゃんと購入しなさい少年。
「いいのが買えた」とご満悦の水琴。
が案の定でかいし重い模造刀。気が付くと俺の手荷物になってる。
むき出しではなく包装されてるからまぁいいけど…
にしてもこのはしゃぎよう。秋葉原の武器やではそうでもなかったんだけどな。
やっぱり水琴のツボは侍なのか?
「水琴は平氏の流れだよな?」
「いや~いいもの買った」
あ…いまは俺の話はどうでもいいテンションだな。
ごきげんな水琴の話に相槌をうちながら、つぎは長谷寺へとむかう
別窓 | 水琴へ捧ぐ日記 | コメント:0 | トラックバック:0
<<長谷寺 |   朔 ~我が儘姫とオレ様の恋~ | いざ鎌倉へ >>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


|   朔 ~我が儘姫とオレ様の恋~ |