FC2ブログ
主に影月(FTM)がその彼女、水琴へ送る煩悩日記。 セクに偏見のない方は俺達の生活を覗いてみて下さい!
羽田空港~広島空港
2012-08-19 Sun 10:10
微妙な空気になったものの無事に時間どおり羽田空港到着。
二人とも寝てすっきりしたのかいつの間にか気が付けば普通に会話していた。
久しぶりに来たけどやっぱり広いね。迷子になりそう。
「たしか昨日調べた感じだと…」カバンをガサガサしてネットで調べてことをまとめたファイル資料をだそうとしたら、水琴がさっさと館内図を発見して、歩き出す。
「また、余計なものを事前に作ってきたの?」
「どうも調べないと落ち着かなくて…」
「スマホがあれば今の時代なんとかなるって!!」
さっさとしまっていくよとばかりに水琴において行かれて、慌てて後を追う。
ひたすら水琴についていき、無事にカウンターにたどり着き、早めに荷物預けることができた。
たぶん、俺だったら一度ちら見くらいじゃ絶対に迷う。旅慣れてるのはこういう時に出るのか?
妙なことに関心。
少し早めに時間を設定したせいで、時間にゆとりがあるので、お腹が減ったから機内で食べる弁当さがしをすることになった。
水琴はコンビニをおしたけど、俺は空弁というのぼりにどうしてもひきつけられてしまったので、
「せっかくだし、ここでしか売ってないもの食べよう!!」と水琴を巻き込み1000円を超える弁当とペットボトルを購入。
色々迷って買ったりお手洗いにいってたら、いい時間になったので、持ち物検査へ
我が社は情報漏えい、および盗難、危険物持ち込み防止のため探知機が設置されていて毎日、通るのでだいたい何がだめで何がセーフなのかわかるのでスムーズに通過。アクセサリーとか全部外したら時間かかるしね。変な経験値が役に立った。
ただし、ペットボトルがあいているか空いていないかを問われるとは思っていなかったので、開けてなくてよかった。一口とか危うく買ってすぐ飲むところだった。
まぁそうだよね。ペットボトルに危険な液体入れて持ち込むとかありそうだもんな。
変なことに関心していると水琴にちょっと笑われる。
機内に入るとさすがに格安プランだったためか、狭さにびっくり。
3列通路挟んで3列の6列タイプなんだけど、なんか狭いぞいつもより。前方は2列2列でゆったりっぽいけど…たぶん修学旅行とかこんなんだった気がする。
「狭いなちょっと…」
席にたどり着いてつぶやくと、水琴に聞こえたみたいで苦笑される。
「もしかして、エコノミー乗りなれてないの?」
「あ…いや…たぶん学生の頃の長崎も列的には一緒だったと思うけど、たぶん飛行機の大きさが違うのか狭いなと思って…隣り1名いらっしゃるよね?」
「行きは眠いから窓側でいいよ。帰りは窓側譲って」
水琴に窓側をゆずってもらって少しほっとした。
新幹線とか2列タイプの移動が多いから最近、この距離に他人がいることがないからな。
ほんの数時間とはいえ、見知らぬ人が隣にいるのはちょっと緊張する。
そう思っていたら、ラッキーなことに隣りは空席だった。
水琴が思ったより落ち着いているのは最近の一人旅のせいかなと思っていたら、やっぱり離陸するようになったら突然、俺の腕をつかんで大騒ぎ。
そういや高校時代の修学旅行で「殺されてる!!」とか妙な絶叫を響き渡らせて、学年中に笑われてたよな。
学生時代の旅行の時も俺の腕が折れるぐらい握りしめてビビっていたっけ。
「変わってないな」思わず笑ってしまうと、水琴が「鉄の塊が!!」というので、
「水琴が好きなゼロ戦だって飛んでたんだ。あの時代から何年たってると思ってる?」というと、マインドコントロールのためか
「私はゼロ戦に乗っている」とかいいだしたので、思わず
「おいゼロ戦って特攻のだろ?それ最終的に落ちるじゃん」
「だ…うるさい!!」
そんなこんなやりとりしているうちに安定したので、空弁を食べ始めてゆったりし始めたら
「なんでカフェにいるみたいにゆったりしてるんですか!!」と言われる。
「ん?あぁ俺は父方が北海道だし母方は東北だし、飛行機は幼少期から乗りなれてるから。よく小学校の時とか姉と二人で祖父の家まで飛行機のっていってた。だから落ちるとかそんなに発想ないんだよね。快適じゃないか。空も美しいし…」
「だからってなにくつろいでますって顔してるの?」
「さっきまでの旅慣れてます空気はどこにいった?ほら、雲がきれいだぞ!!お弁当も美味し…」
「どうしたの?」
「高かったけど、おいしくない(T_T)」
「だからコンビニにしなっていったでしょう」
「駅弁とかそういう空気でおいしいと思ったんだ。くそ。この味で1000円以上はない。」
「また、買い物下手なんだから。私のはおいしいよ。影月さまのより全然安かったし、影月様は旅行先で確実にぼられるタイプだ。」
「だから、一人旅は危ないと…」
「あははは…私は大丈夫、きっと影月様より安全に旅行してるよ。むしろ危なっかしいのは影月さまの方だね。自分が危険な目に合いやすいからって神経質すぎるよ。旅はもっと楽しいものなんだから…」
「確かに…俺はほぼ引きこもりで仲間にいつも強引に連れ出してもらってる方だしな。空、本当にきれいだぞ」
食べ終えるとまた水琴と手をつないで、お互いうつらうつらしてるとあっという間に空港到着。
着陸も騒ぐかと思えばなぜか着陸は大丈夫な水琴。
無事に到着。飛行機は本当に早いな。新幹線プランにしなくて正解だったかも…
さて、ここからリムジンバスで広島駅にいくぞ!!
別窓 | 水琴へ捧ぐ日記 | コメント:0 | トラックバック:0
<<広島駅~呉へ |   朔 ~我が儘姫とオレ様の恋~ | 待ち合わせから空港最寄駅まで>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


|   朔 ~我が儘姫とオレ様の恋~ |