FC2ブログ
主に影月(FTM)がその彼女、水琴へ送る煩悩日記。 セクに偏見のない方は俺達の生活を覗いてみて下さい!
宮島
2012-08-20 Mon 13:19
広島駅から山陽本線に約30分くらいのって宮島口へ
そこから少し歩いて船で10分くらいかな宮島へ到着。
船から見える景色がとてもきれいで、鳥居が見えたときにすでに来てよかったと思ったけど、実際に降り立つとまたいいね。
なんとなく空気がいいよ。
奈良公園みたいに鹿がたくさん自由にしていて、ときおり紙のパンフなどを食べてしまっている子がいてちょっとお腹が心配になる。
公衆トイレなども鹿が入れないような扉がついてるんだね。
俺のカバンにはボストン美術展で買った龍のぬいぐるみが付いていたんだけど、なんかいい匂いでもするのかしきりと俺の周りにくる鹿は、龍をくんかくんかしてついてくる。
お気に入りのマスコットを取られないように俺も必死。
鳥居の前にきて、ふたりともカメラに夢中になっているといきなりぐいっと体を引っ張られたので、驚くとまた鹿に龍を引っ張られてた。
「これはだめだってば、食い物はなにももってないよ。」
なんとか逃げ回って厳島神社へ。
灯篭と鳥居の写真を撮るためにできた自然列にもならんで、水琴と2ショットをとることもできた。
ちょうどついたころは満潮からすこしたったくらいだったので、水に浮かぶ神殿という俺の想像していたそのままのイメージに感動。
入口に干潮の時間も書いていたので、厳島神社をいったんはなれて、宮島散策。
本物の平家納経の美しさに見入る。
平清盛が大河でやってる関係でそういった臨時の展示もあったので、ふらふらとしているとあっという間に昼を過ぎてお腹がすいてきた。
俺が調べていたお店は船おりてすぐのところだったんだが、どうしようかなと思っていたら水琴が突然原付に乗った通りすがりのおじさんに話しかけて食べ物や情報をゲット。
少し歩いたところに2件お店があったので、なんとなく見比べて入ってみる。
残念ながら入ったお店にはあなごめしはあったものの生牡蠣はなかったので、あとで牡蠣が食べれるといいななんて話しながら完食。
その後、少し歩いて水族館へ。

別窓 | 水琴へ捧ぐ日記 | コメント:0 | トラックバック:0
<<水族館 |   朔 ~我が儘姫とオレ様の恋~ | 朝食から宮島へ>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


|   朔 ~我が儘姫とオレ様の恋~ |