FC2ブログ
主に影月(FTM)がその彼女、水琴へ送る煩悩日記。 セクに偏見のない方は俺達の生活を覗いてみて下さい!
沢山アップする発言からアップが遠のきましてすいません
2015-02-20 Fri 17:50
まずは近況報告。年末のあわただしさを乗り切った途端に、気力がつきたのか体力がつきたのか喉からくる高熱にやられ、数日寝込み回復するも、まさかの突然の異動通達により、俺が一人でもっていた仕事の引き継ぎなどで激務にさらされつつ、自宅のリフォームというよくわからない1か月が過ぎました。
以下ものすごく愚痴になると思います(笑)
いや~異動までに2週間とかアホかと思いましたね。
しかも正月明けは何事もなくで、いきなり微妙な日に通達で、末日までかと思えば半端な日づけの異動。
どうせなら1日からでいいのに、なんで急ぎなんだよ。
結局、なんだかんだで俺が一人で受け持っていた業務が会社の上が思っているよりも多くて、残されたメンバーやまっさらな人間へのトレーニングでばたつき、なんという中途半端な引き継ぎ!!でタイムアップ。
しばらくは前のところから戻って来いという要請で行ったり来たりだったけど、さすがに俺も新しいことに集中しないといけないので、いまの部門の上司が結構頑張って前のところからの要請をはねのけてくれているらしく、今月は今の業務に集中。
やっとゆとりがでてきました。
加えて、1月中は自宅をリフォームしまし た。引っ越さずに住みながらできるという業者にお願いしたのですが、老朽化もあいまっていろいろ取り掛かったらここもダメだったとか色々あって、材料の発注とかがさらに必要になったりで、予定変更、予定変更の連続で、最初のスケジュールが開始2日で崩れるという予定外の状態に。
材料待ちを待ってるのもなんなんでできるところからやっていくという方式に切り替わったせいで、作業の進み具合でやりながら翌日のプランを検討という方式になり、仕事から帰宅して翌日の予定場所を母親に聞いて、段ボールにひたすら詰めて、一人で段ボールを運び、翌日やる場所をあけるという最悪の事態が繰り返されることとなった。
仕事から帰り深夜3時ごろまでに荷造りや荷運びに追われ、空いたスペ ースで死んだように床に転がって寝て、翌朝6時に出勤。父親が歳で体力ないにしても、段ボール一つ運べないとは想定してなかったんで、本当に地獄だった。
母親には俺が仕事にいってる間の業者の対応をお願いしたし、軽い物の荷造りはお願いできたけど、ほぼ一軒の引っ越しをひとりで行った感じだね。あんなに家に不用品があるとは思わなかったし、俺の部屋が書籍だけで20箱以上も段ボール必要になるとは思ってなかったし、冬場の床寝があんなにしんどいとは思わなかった。
いったん引っ越し屋に頼んで、いろいろ預けたり、マンスリーでも借りた方が俺のダメージは少なかったんじゃないか?
親は住み慣れたところでずっと生活したままですんで、満足だったみたいだけど。段ボールも買うと結構高かったしね。
というわけでいろいろぎりぎりな生活してましたが、リフォームもすべて終了し、カーテンもカーペットも家具もすべて揃い
安定した新生活(?)のスタートでゆとりがでてきたので久しぶりの書き込みです。
昨日の業務結果通達で、とりあえず目標値クリアの上司からの言葉に、やることいっぱいで張りつめてたものがすこしストンと落ちたようで、今日の休みはゴロゴロして片頭痛から解放されてる。
あ…異動してから片頭痛を起こすようになってまして、今まではお腹や胃は弱いけどあんまり頭が痛くなることはないんで、高熱が出てるわけではないしハンマーで頭めっためったに打たれる感覚とめまいと嘔吐、手のしびれ(ほぼマヒにちかいくらいで物が握れない)は正直ビビりました。片頭痛あなどれないな。
病院で検査受けるまで、片頭痛ではなくてやばい病気なのではと思ったんで一安心。市販薬よりやっぱり安定の効き目。
もともと神経質で閃輝暗点とかいうめまいはもってたんで、きっといろいろ重なって疲れがでたんだろね。
徐々に状態が落ち着いてきてるけど、まだ手がしびれたりはしてます。
今月残りと来月はすこし自分のために時間使おう。
というわけで、さっそく水琴に日帰りツアーのお誘いを入れてみた。
これ書き込み中に水琴が食いついてきた。あとは日程調整だな。
デートしたいデートしたい病が少しはおさまるか。
誤字があると友人から指摘されたので、遅くなりましたが、訂正しました。4/23
別窓 | 日常の記録 | コメント:0 | トラックバック:0
<<02/25のツイートまとめ |   朔 ~我が儘姫とオレ様の恋~ | 02/18のツイートまとめ>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


|   朔 ~我が儘姫とオレ様の恋~ |