FC2ブログ
主に影月(FTM)がその彼女、水琴へ送る煩悩日記。 セクに偏見のない方は俺達の生活を覗いてみて下さい!
眠そうな水琴
2006-03-08 Wed 23:59
新人セミナー講習会が終わって、駅に向かう道でホッとしたら水琴の声が
聞きたくなってしまって、気がついたら0を長押ししてしまっていた。
俺の携帯のメモリー0には水琴の携帯番号が…
駅までいく数分。そして、乗り換えの数分、本屋めぐりの時間…
幾度となく切っては、またかけてという感じ…
今日は、たまたま水琴は仕事後に掛け持ちしているバイトもなく、俺が講
習をおえた時には特に用事がなかったみたい。仕事をおえてゴロゴロして
いたみたいで、緊張から解放されて妙にHIGHになって話しまくる俺に、快
く付き合ってくれた。
しかし、仕事で疲れていたみたいで、雑誌を探して駅周辺の本屋めぐりを
しながら、「みつからない~。他に本屋この駅あったっけ?」なんて話し
ていると、だんだん水琴の声が眠そうな声に変わっていく…
しまいには「眠い…」と…あまりに寝ぼけたかわいい声に、寝かしてあげ
たいという気持ちもあったんだけど、どんな会話でも寝ぼけた声でも、水
琴の声を今聞いていたい俺は、「あと5分」と時間を引き延ばす。
必死に何かを話そうとしているのだろうが、水琴は眠気がすでに限界らし
く何をいっても「うん」しか言わなくなってきた。まさに生返事…
流石にそこまでくると可哀想になって「限界だな。いいよ、切って」
と電話を切らせたけれど、声が聞こえなくなった瞬間、何故かいつもより
寂しく思ってしまった。
妙に水琴が恋しい日だった。たぶん、普段行かないところで、新しいこと
をして神経使ってきたから、安心したかったんだとは思うが…
たかが1日講習受けたくらいで、疲れてどうする~!!
ダメだな俺…しっかりしないと…
叶うなら、水琴を腕枕して横で眠りたかったな。
今日はとにかく情けないことに水琴が恋しい…
別窓 | 水琴へ捧ぐ日記 | コメント:0 | トラックバック:0
<<職場から電話 |   朔 ~我が儘姫とオレ様の恋~ | 本屋めぐり>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


|   朔 ~我が儘姫とオレ様の恋~ |