FC2ブログ
主に影月(FTM)がその彼女、水琴へ送る煩悩日記。 セクに偏見のない方は俺達の生活を覗いてみて下さい!
んなこと言われても…
2008-11-15 Sat 02:47
仕事や家族旅行でW様たちと外泊ができなかったので、翌日に仕事あがってから駆けつけました。
行き違いで水琴は帰宅していたようですが…
とりあえずBARで飲んでいた時のこと、
W様が「だいたい影月は秘密主義すぎる」と言い出して何故か気がつくと椀子そばのように切れ目なく酒が渡される渡される。
とことん飲ませれば気を使う暇はなくなるだろうと二人の気遣い?
W様「友達だと思ってたのに、影月は相変わらず気を使って本音漏らさないなぁ。」
S殿「まぁ。影月は言い慣れてないから言い方知らないだけでしょ?姫(水琴)は乗りよく話してなるようでうまく受け流して適当なことばっかりいってるから、もっと難しいけどね。確信犯だねありゃ」
W「二人揃ってガス抜きが必要な癖に秘密主義とはめんどくせぇな。まぁ影月は突っ込まれると受け流せなくて律儀に沈黙を守るタイプだからねぇ」
俺「…」
S「ほら。影月のグラスあきそう、早く頼んであげて」
俺「いや…もういいっす。明日5時起きなんで…そろそろおいとましますわ。」
S「マジで?今夜は帰さないぜ。潰れるまで飲ましてやる」
俺「いやこれ以上飲んだら、翌日はグダグダだし、酔っ払ってなんかやらかす前に寝るだけだし…」
W「大丈夫、大丈夫。影月は神経質だから人前で潰れることはない。」
S「大丈夫、影月が泥酔してど変態なエロネタしか言わなくなっても友達やめないから。」
と言う状態でひたすら酒責め。
二時間ほどさらに飲まされ、金が底をつくから、これ以上は勘弁してくれと頭下げて解放され、脱兎のごとくタクシーに飛び乗り帰宅しました。
現在、BARにかかっていたウィスキーがお好きでしょ?とかいう歌が絶え間なくリピートしてます。
別窓 | 日常の記録 | コメント:0 | トラックバック:0
<<お泊まり |   朔 ~我が儘姫とオレ様の恋~ | ドS姫の愛情にM性開花? No.4>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


|   朔 ~我が儘姫とオレ様の恋~ |