FC2ブログ
主に影月(FTM)がその彼女、水琴へ送る煩悩日記。 セクに偏見のない方は俺達の生活を覗いてみて下さい!
前世
2009-01-23 Fri 17:43
水琴からライオンハートを渡された意味をちょっと思い返してみて、水琴を充分に構えてなかったかと反省。
それと同時に少し自分たちにまつわるライオンハートを思い出しました。
ちょっとお伽話的なものなので、現実離れした話がお嫌いな方はこの先はご不快になる可能性があるので、周り右です。





幼い頃から俺は全てがオールカラーで、実際の感覚を伴う夢を見ます。
五感全てが生々しくて現実的で、夢だから空を飛べるとかは絶対にありえません。
ただ、見たことのない道具や楽器、服装を自然に扱ってたり、明らかに自分だと認識してるのに、性別や外見、名前、時代はバラバラなのが不思議です。
あまりにリアルすぎて現実と夢がわからなくなり、目覚めてしばらくは混乱するくらいです。
朝は夢の残り香がして、指先には触れたものの感覚があり、生々しさに恐ろしく思うほどです。
仲間には前世の記憶だと冗談めかしていわれますが、自分でもよくわかりません。
ただ、俺と水琴は確実に前世で出会ってたと思いますし、あの夢だけはきっと前世の片鱗だと、いまでも信じてます。
思い切り悲恋でしたし、お互いに違うパートナーがいて、身分が違うし、自分たちのパートナーの争いに巻き込まれて俺は殺されるという夢でしたが…
あまりに忘れられない夢で、香を扱う店でかなり必死に夢で嗅いだ香りを探していた時のことです。
あまりの必死さに事情を知らない水琴が手伝うっていってくれたんですが、香りは覚えていたけど、香りの説明って思う以上に難しくて、水琴に全然伝わらなかったんです。
でも、なんとか近い香りがあってそれを手にとって、
「探してたのはこれに近い。でも…」甘いと口走しろうとしたら、水琴が急に
「でもこれでは甘すぎる。もっと透明感のある香だった。そんな気がする。」と言い出した。
今なんて???
その後、俺はかなりの興奮状態で探している香りについての夢を話した。
水琴は俺ほど鮮明な夢はみたことはなく、ただ、にたような夢を断片的にみたり、今手にしている香の香りに何か感じるとのこと。
その後、もう少し甘くない香りを探し続けて、ついに一つの香りにたどり着きましたが、水琴の反応がどうしても気にかかり、見つけてないかのように色々サンプルをかいでいると、水琴は香りのサンプルを手にして「多分これ…」と…
まさにあの香り。
時は廻るといいますが、水琴と俺は形を変えて巡り会ったと、そう信じてます。
別窓 | 水琴へ捧ぐ日記 | コメント:0 | トラックバック:0
<<ついてないなぁ |   朔 ~我が儘姫とオレ様の恋~ | 示談成立>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


|   朔 ~我が儘姫とオレ様の恋~ |