FC2ブログ
主に影月(FTM)がその彼女、水琴へ送る煩悩日記。 セクに偏見のない方は俺達の生活を覗いてみて下さい!
泊まるところなんて、そりゃもちろん…
2009-12-28 Mon 23:12
水琴が俺と新宿にいて遊んでくると中途半端にご両親に事実を伝えたため、不安に陥った両親からどこに泊まるのかと頻繁に電話が…
って言われても、ラブホにいく気だった俺たち。
適当にいうのかと思えば、ビジネスホテルを必死に検索しはじめた。
影「って、おい。伝えようとしてるビジネスホテルって歌舞伎町だけど、おじさん、新宿土地勘あったりする?」
水「え?あ…じゃあ。どうしよう。」
どうしようって、そもそも繁華街にこんな時間にいるって言えば、そりゃ突っ込まれるだろうよ。
友達の家にとまるとか適当に言えばよかったのに、本当にばか正直に今からビジネスホテルを探すなんていっちゃってさ…アホだなぁ。
挙げ句、今夜は親に嘘をつくことになるから本当にビジネスホテルに行こうって言い出して、やや繁華街を過ぎたビジネスホテルに向かうことに…
どっちでもやることは一緒だからいいけど…
今さら親に突っ込まれて怯むなよ。
格好つけて履いてきた靴で散々予想外に都内をあちこち歩き回って靴擦れして足が痛む。
そんななか、ビジネスユースできるラブホが目の前に…
影「ここじゃだめか?あとどんだけ歩くのか?ビジネスユースもあるし…」
水琴は少し迷って、ここにするといったが、近くのコンビニで買い物している間中、なにやら葛藤中。
はじめからいかがわしい予定なんだから、開き直ればいいのに、今さら葛藤?
忘れてたよ水琴はまだ綺麗なお子様だった。
口じゃ2丁目に行こうって俺に言ってたけど、足震えてるんだな。
急に大人な遊びに持ち込み過ぎたか…
そもそも日付を越えるあそびすらしない姫に夜歩きさせた俺が行けなかったか?
なんだかんだ考えていたら、イライラしはじめて余計に消えいりそうに緊張してる水琴に意地悪をいってしまう。
影「腹くくれよ。そんなに俺とのことを親に知られたくないなら、はじめから口にするな。本当は……どうしたい?」
かなり上から目線の問いは水琴を従わせるのに、十分だったみたいで、結果、今夜の宿はここに決定。
バリ風の女の子に優しい空気のホテルです。
部屋は天蓋つきベッドで、広い部屋をチョイス。
部屋に入るなり、昂ってた俺は水琴の唇を奪いたかったけど、水琴はこのホテルの姉妹ホテル(普通のホテル)のウェディングのパンフレット片手に親に言い訳の電話を入れてました。
その様子をマッサージチェアに座って、ワイン片手に眺めてる俺…
天使を汚そうとしてる俺はどう甘くみても両親に受け入れられるはずないな。
自嘲の笑みがこぼれるのを自分で自覚して、何故かイライラがとまらない。
ここは外出も自由なホテルだって知ってる。でも、「2丁目、いかないの?」と電話がおわり、安堵した水琴に言われてもあえて「めんどくさい。もう歩く気がしない。」と伝える。
興味があるのは事実だろうが、ラブホに泊まるとか新宿に来ていながら繁華街に立ち入ることすらビビる水琴を連れだって、いくのは難しい。
それに…FtoMはどのみち、ビアン世界では異質だし、調べもせずに行き当たりばったりで楽しく遊べるほど水琴は夜に慣れてない。
今夜はここにいるだけ上出来。
天蓋の中で俺の視線に恥じらう姫、酒を飲んでるのにちっとも喉が癒えない。
別窓 | 水琴へ捧ぐ日記 | コメント:0 | トラックバック:0
<<さて、祝宴の始まり…もちろん18禁(笑) |   朔 ~我が儘姫とオレ様の恋~ | 夕食はお好み焼き>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


|   朔 ~我が儘姫とオレ様の恋~ |