FC2ブログ
主に影月(FTM)がその彼女、水琴へ送る煩悩日記。 セクに偏見のない方は俺達の生活を覗いてみて下さい!
年間パス引き換え購入
2014-03-08 Sat 23:29
増税前にディズニー2パーク年間パスポートの引き換えを南船橋のららぽーとで購入してきました。
正直、俺の収入で2パークはかなり勇気がいって更新を渋っていたんだけど、なんだかんだで買ってしまいました。
クリスマス、誕生日やバレンタイン、全部まとめてプレゼントってことで半額を水琴が払ってくれて、どうしても更新って押し切られてしまったけど、本当にこれでよかったんだろうか?
まぁ。なんだかんだであったらとてもうれしいものなんだけどね。
収入にあった遊び場であるかたまに考えてしまう。
好きなんだけどあそこは1000円札がまるで100円のような魔法にかかるからね。
好きなだけにお土産がまんはできないしね。
とはいえ、買ってしまった以上、今年もディズニーを謳歌しようとおもう。
何よりあんまりディズニーデートしなくなって、昨年は水琴と3回くらいしかしっかり遊んだ覚えがなく、(空気だけ味わってすぐ帰るは何回かやったが…)買う意味が俺にはあまりない発言を飛ばしたせいで、やたらとディズニーデートをする気満々になったのは思わぬもうけ。
俺の場合水琴とデートが主な使い道だからね。
少しは雰囲気によって俺に恋してくれればいいのに…
別窓 | 水琴へ捧ぐ日記 | コメント:0 | トラックバック:0
水琴&さお様の合同誕生会にいってきました
2014-02-18 Tue 23:08
当日仕事の水琴は仕事終わりに合流ということで、休み組のさお様とすみ様、俺で本八幡に15時半待ち合わせ。
前回、さお様と俺と水琴で『永遠の0』を観に行ったので、すみ様が見たいならもう一回みてもいいよ。どうせ飲んだらそんな話もでるだろうし…というわけでニッケコルトンの映画館にいくはずが、待ち合わせに来たのはさお様のみ。
寝坊しました。二人で見てきてください
というすみさまのメールを見て二人で苦笑い。
「俺たちは見たんだよ。」
「どうしようか…違うの見る?」
しばし話し合って、水琴を船橋でひろう話になっていたから本八幡にしんだけど、今日は映画以外コルトン閉館らしいし…今起きたすみ様がいつ合流するのかを考えて映画は途中で出たくないし…ということで、改札でてしまっただけで船橋に移動。
とりあえず寒いのでカラオケの鉄人でカラオケ。
こんでてパーティールームに通されたので、広さに二人で大笑い。
17時ごろに到着したすみ様にスタンドマイクで郷ひろみを罰ゲームに歌わせると、平謝りしながらすみ様がジャケットプレイしはじめてテンションが上がる。
で、なぜが俺がなにを歌っても「エロい」としか言われないので、さわやかを目指してできるだけさわやかな歌を
歌うもどうやらだめだったらしい。
「影月が歌うとせつないはずの桜坂がいかがわしく聞こえる!!」
逆にさお様はえろワード満載でもエロさなし。
何故だ!!という変な流れになってひたすらさわやかを目指す俺と、俺に負けないエロさをめざす2人という変なカラオケでしばり。
結局、何を歌っても俺がエロく、二人がさわやかなことがかわらないので最後の一時間でサザンを歌ったら2人に
「すいませんでした!!」「なんだその色気」とあやまり倒された。
なんだこの流れ。
結果、Best of エロの称号をもらう。
正統派白王子のすみ様、エロ系黒王子影月、誰かを守って死亡ふらぐが断ちそうな切り込み隊長気質の、隠れ王子さお様と某女子高の3王子はいまも属性変わらずという結論。
19時にカラオケをでて、すみ様のしりあいのお店に移動。
20時半に水琴合流。
とにかく飲んで食べた。
そこでもカラオケの話になり、バーの店長のすみ様に影月がやせたら間違いなくうちの店で雇いたいと言われ、学生時代にみんなで店やろうといっていた時の話になる。
誰かが1億あたったら、みんなで店をやって、経費でライザップに通わしてくれるらしい(笑)
こんだけ飲んで食べてたら痩せるなんて発言無意味だけどな。
今回も水琴は23時あたりで帰宅。俺とさお様は翌日もフリーだったがすみ様も今回は単休だったので、0時ちょっと前の最終の電車に3人で飛び乗り、それぞれの駅に降りて解散。
本当に楽しかった。
みんなで話していたのだけど、こんなに一緒にお酒をのんで食べれる女子会は他では無理だなと…
高校で偶然であってこんなに楽しく過ごせるのは奇蹟だと。
改めて友情を誓い合ってきました。
次はすみ様の誕生日の来月かな。


別窓 | 水琴へ捧ぐ日記 | コメント:0 | トラックバック:0
スポッチャにいってきました
2014-02-01 Sat 20:35
長い禁酒のかいがあったのか、長く患った胃腸炎のせいで少しだけ減量したからか、部門が変わって頭脳労働に切り替わったせいか、ここ数年続いていたなんとなく体が重い、だるいの体調不良が今年に入った途端何故か改善されて、最近は少し動きたい衝動にかられるようになりました。
最近、不眠症も改善されて、朝はすごくすっきり目覚める。
ずっと「動きたくない。仕事だけでいいや。スポーツは見るのはいいけどやるのは興味ない。」
と言い続けていたので、「体動かしたいんだけど…」って水琴に言ったら偽物扱いされるほど(笑)のグータラがどうしたんだろうね?
成長期にひざを壊してからいろいろ制限されているうちに、スポーツからどんどん気持ちが離れて、芸術に傾いたんで、水琴にであったころは完全にインドア派のイメージついてたから無理もないか。
それに大学時代の過食のせいで体も太ったしね。部活とかで鍛えなくなって、スポーツしないくせにその時以上にカロリー摂取し続けたからだがいかに悲惨であるか俺も自覚ある。
それでも、心身のバランスがちょっと悪い状態が続いて、どうも痩せるために頑張るとかしてこなかった。
今がやる時なのかもしれない。
と、どういうわけか気持ちはできあがっているものの、ここ数年の体調不良で完全に体がなまっているので、いきなり激しいのは無理っぽいので、ゲーム感覚ならいいかなと…
とりあえずそこからはじめようと思い立って
新三郷のラウンドワンのスポッチャにいってみることにしました。
水琴からは「クリスマスまでに高校時代の体形にもどらないと別れる」とか最近かわいげのない発言しかされてないしね。
「そんなに言うなら付き合え」と強引にいったんだけど、水琴がとにかくすぐに飽きる。
1回10分くらいで交代ルールなんだが、空いていたので結構交代せずに遊べましたが、30分もしないうちに、「もういいや。」となるので、移動を繰り返してしまって、なんか動いた気がしない。
アーチェリーとか他ではなかなかできない競技もできて、俺的にはすごく楽しかったんだけどな。
野球のボールをマシンからキャッチして、指定された的に当てるゲームは距離が結構あって、最初は的に当てるのに苦労したけど、やってるうちに「ストライク!!」ってなると楽しく、結構むきになる。
ダーツや射撃、ビリヤードも面白かったのに、なんか今回は楽しんでるのは俺だけみたいで、デートとしては失敗だったように思う。
水琴は仕事でお疲れみたいだし、俺が一人ではしゃいでたな。
スポッチャを出て、ショッピングしたりご飯食べるまでは水琴から笑顔がでない。
繰り返しでてくる職場の話を聞きながら、体を動かしてストレスを祓うのは水琴向きじゃないんだと思った。
ストレス過多の時は触られるのも嫌みたいだし、俺は水琴を抱きしめたりすることがストレスを減少させる行為なんだけど、共にいても違う点はあるな。
無理して笑ってほしいとは思わない。でも、水琴のとげとげした空気をなんとかしたいなと勝手に思う。
けど、俺がやることはいろいろ裏目にでる。
おいしいご飯でもと思えば、ダイエットしてるみたいだし…
笑って欲しいな。
俺の前でかわいげない言葉ばかり吐いて、不器用に甘えてる(と勝手に俺が思っている)のもいいけど、
共になにかして笑えたらな。
水琴に「何かしたいことは?」と聞けば「酒!」しか返ってこないし、彼女はいま俺が知らない何かを抱えているんだろうか。
四六時中そばにいられないから、水琴の心を理解するのはたまに難しい。
仕事に追われていて、俺からの一方的な連絡も増えたし…
何に不満を抱えているのか愚痴からなんとなくつかめても、俺は直接それを排除してやることができない。
そもそも俺に排除してくれなんて頼んでいないと水琴に言われるのが落ち。
日常生活において何に幸せを見出しているのか、そこは本当に読みにくい。
色々勝手に思考をまわして
「幸せか?」「俺のことまだ好きか?」

ものすごくストレートに突っ込むと
「幸せだけど…」「何年もそばにいて私の気持ちを信用してないなんて馬鹿」
というあたり、ものすごく俺に不満があるわけではないらしいけどね。
そのへんは俺が彼女を好きすぎるから、勝手にいろいろ望んでじたばたしてるだけなんだろけど…
俺の前で笑う水琴がみたいな。
すごい抱きしめて捕まえておきたいけど、それは水琴にとって迷惑だしな。
痩せてドキドキさせるほかに手はないんだろうが…
俺はもともと食欲もしたり、性欲もしたり、欲のかたまりだからな。
ある程度の自制心を持ち合わせてるつもりだけど、動きたいとか本来の活発さを発揮し始めたとしたら、
今後ちょっとコントロールしていかないとな。
水琴にその欲のほとんどが向くに違いないからな。
五感全部が水琴に向かわないように、なんか気を散らそう。
要求が強くなってる。
これはダメなパターンだな。
デートしながらけっこうぐるぐる。
次回はもう少し水琴の希望を引き出して、2人にとって楽しい一日をつくろう。
まぁ。俺は久しぶりに運動して楽しかったんだけどね。
ひとりではしゃぎ過ぎた。(反省)





別窓 | 水琴へ捧ぐ日記 | コメント:0 | トラックバック:0
初デートは南船橋ららぽーと
2014-01-13 Mon 22:11
待ち遠しかった初デート当日です。
前日の電話で水琴に「絶対に寝坊して遅刻するだろ」といわれていたので意地になって早起き。
水琴からは俺が遅刻するのは、俺が伝えた遅刻理由ではなく絶対に寝坊だ。遅刻理由に寝坊がないのが不自然すぎるといわれるのだが、実際俺は水琴との約束で寝坊はほぼない。
なぜなら、でかける3時間まえに俺は起きている。楽しみすぎて寝れないお子様のように30分おきに目をさましながら寝てるのだから。
それでも遅刻が起こるのは、早く起きたうえで前日までに決めていた服装があるにもかかわらず、天候とか水琴との就寝前の電話での変更とかで服装に悩んだりしてぐずぐずしてしまうから。そしてあまりにわかりやすく出かけの用意をするので、デートに出かけるのを察知した親が余計な干渉をはじめたり(かわいらしい物に替えたがる)、ペットがお出かけ阻止のためにわざと行動をおこしたり(戻したり、漏らしたり何かをこわしたり)が遅刻の理由。
そもそも俺は時間にうるさいからありえないくらい早く起きるからせいぜい遅刻しても30分だし、やばそうな時に連絡入れてるし、その俺よりさらに水琴はどうせ遅刻してくるのだから俺が怒られる理由は納得していない。
けど、確かに水琴がどうせ来ないし…で30分遅延連絡が常になってるのはやっぱりよくないなと思ったので、
万全な用意。
雨が降ったらこの組み合わせ、温かかったらこれ、よく歩く可能性があったらこれ、少し良い店に行く予定に変わったら…
香水は服装がこっちだったら、湿度がこうだったら……etc。
カバンはコートはマフラーは…
起床してから何分でここまで完了する。と支度の整え方をすべてタイマーに合わせて電車も検索したのにぴったり。
で、いざ駅につくと案の定水琴が遅刻。
「なんで30分遅刻しないのよ」なんて電話でいわれる。
「あれだけ言われて遅刻する馬鹿がいるか」
結局、水琴の最寄駅のベンチで凍えながら水琴をまつはめに…
30分どころじゃないくせに…
どうして俺は馬鹿正直にここにいるんだろう。
寒すぎて自販機でホットドリンクを二つかって腹に潜り込ませて待っていると水琴がくる。
一つは自分用のコーヒーでもう一つのは水琴用ミルクティーだったので、不満を漏らしながらミルクティーを渡す。すでにぬるくなって飲みやすくなったペットボトルを2人で飲みながらららぽーとへ向かう。
ららぽーとにつくとセール時期だったらしくてすごくこんでいた。
戦隊もののショーに年甲斐もなく見入ったり、なかなか楽しかった。
ペットショップでパルに似たわんこを見つけてちょっと涙ぐみかけたが、一日笑っていた気がする。
リニューアルでだいぶ変わってたし、来てよかった。
その後、バスで津田沼に移動してカラオケ。成人式とかぶったらしくてどこも満員。
けっこうまって通された部屋がステージつきでスタンドマイクがついていたので、水琴と悪乗り。
思い切り歌って踊ってスッキリ。
本当にたのしい一日でした。
水琴、今年もゆるく長くよろしく

別窓 | 水琴へ捧ぐ日記 | コメント:0 | トラックバック:0
未来を共にみよう
2013-09-25 Wed 21:43
おひさしぶりです。仕事の忙しさに追われてさぼりがちでしたが、久しぶりに良い朝を迎えたので報告。
昨年から色々あって彼女の心が俺から遠のいていて、もっといい男はいないだろうか?と憚らず探され、俺の存在はいったいなんなんだろうと感じ続けていました。
その間、俺がただ考えていたのは自分が不動の1位になれないのは何故か?
彼女の幸せは俺と同じ道の上にきずくことは本当にできないんだろうか?
大切な人を幸せにするために何を決断し、実行すべきかでした。
恋人として良いけど、将来が見えない。
仲たがいしているわけではないのに、彼女のよそ見は止まらず、それを不思議なほど冷静に見てしまっている自分に疑問が積もっていた時にもらった言葉。
妙に納得した。はじまりは高校だったけど、俺たちはもう30を超えている。
愛で生きていくには歳を重ねてしまっている。彼女が望む結婚相手としての社会的地位がない事実をもはや黙認できない。とはいえ、突然地位を得ることなど、凡人の俺にできようはずもない。
もはや採用市場において若くもない俺はあせって転職してもそう簡単にいいポストにつけるわけでもない。
やれることは今の場所で土台をきちんとつみあげていくこと。
今をただ生きること。
そんなことを考えて生きていく中、ちょうど2月の後半から俺は新規立ち上げ部署のスターティングメンバーに任命された。とても小さなところで俺のほかに同部署から異動した3名の選抜隊から徐々に広げていくという構想。とりあえず俺ともう1人が2リーダーでスタート。
ものすごいチャンスと試練の時だなとおもった。
浮ついた思いで生きるのではなく、己の土台をどうするのか真剣に考えろとなにかにせかされてるような気さえした。仕事がものすごくできないわけではない。努力は怠っていない。そこそこリーダーシップを取るべき立場に置かれる。でも、公務員の彼女につりあう地位ではない。
現状が続くのか、打開できるのか。
それは俺自身の問題。
そして、何より考えないといけないのは彼女との未来。
それは難題だ。もともと俺と彼女は思考が真逆に等しい。それで調和をうんでいるもののかみ合わない部分はたぶん一生。
だから、俺の脳で想定したことはあくまで俺の主観であって、正しい答えではない。
彼女にとっての幸せとはなんぞ?
素晴らしい女性として焦がれるの視線と冷静に彼女の本質を見る探る視線の両立。
何が俺の願望で何が真実、彼女の優れたところ?
ベールで包んでも容認できない彼女の姿は?
昨年の12月から悩むこと悩むこと(笑)
で、散々悩んでいきついた答えが結局これ。
「大切な人に幸せになってほしい。恰好つけてるわけではなく、それは俺の本当の望み。
でも、残念ながら俺は王子様でもスーパーマンでもない。彼女が幻滅しようが事実ただの人だ。
幸せにしてやるなんて、ひとの人生背負い込む技量はない。でも、幸せにしようと努力はできる。
だから、自分の人生だしやっかいな自分のことはできるだけ自立する努力を互いにしつつ、共に悩み笑い、手をとりあうパートナーになれないだろうか?
例え、水琴が俺に恋していなくても、俺はともに生きるパートナーとして情でつながった存在になれないかな?俺は水琴を愛している。ダメな水琴も腹立つこともそりゃああるから、なんでも許せる良き恋人にも、
よき夫にもなれないだろう。きっと俺はものすごく我が儘だからいい人になろうとしたのがそもそも無理だった。
そのままの俺で水琴の幸せをできるだけ実現させる努力をする。で、それはきっと他の男よりもたしかに
誓える存在だと自分自身をみている。」

彼女は浮気相手とのことでなかなかふっきれずに泣く姿を「不愉快だ」と漏らしながら、そう思いを伝えた昨夜、正直俺は一睡もできなくて、降り出した雨の音を聞きながら朝を迎えた。
いつもの通勤時間に携帯が光る。
とっさに手にとると、
「結婚前向きに考えてもいいかなと思った。影月様いいやつだから…」
と文字が目にはいる。
飛び起きてすぐに
「ありがとう」と返信すると感動が薄いといわれたが、
この時の俺はガッポーズしてはしゃぐ馬鹿丸出しな状況(笑)
「未来がどうしても見えない」からの前進。
さて、夫候補暫定1位。
これから努力を怠らないで、どんどん彼女の愛を勝ち得るように生きていかないとね。


追記 仕事終わった彼女から久しぶりに頻繁に着信。もういろいろ失恋を吹っ切れたとかで、元気そう。
   俺のことも前向きに考えてるっぽい。
   頑張って社会的地位あげてお金つくって、一緒にするという願望が独りよがりにならずにすみそう。
   俺も迷う必要がなくなったし、全力で仕事しよう。



別窓 | 水琴へ捧ぐ日記 | コメント:0 | トラックバック:0
過去記事更新しました。
2013-06-22 Sat 10:48
やっと、今年に入りました(遅っ!)
元旦と、成田山詣での2つ。できるだけ早く
リアルタイムまで行きたい。
別窓 | 水琴へ捧ぐ日記 | コメント:0 | トラックバック:0
BACK |   朔 ~我が儘姫とオレ様の恋~ | NEXT